会長通信


by tamurasyasinkan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

以前の記事

2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

リンク

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

社長通信第471号 2013.1.23 ありがとう作文贈賞式

昨日から2日間、新春経営者セミナーを受講しました。

このセミナーは毎年開催されているもので、講演を主体とした2日間のセミナーです。

全国から千名の経営者が参加しますが、壮大な光景です。
これは、田舞代表の開会式の挨拶の映像です。
b0191775_21282122.jpg

このセミナーは数々の成功者の体験発表のようなもので、
日本でも一流と言われる人たちの発表の場であります。

そういう中で、心に残るありがとう作文の入選者発表の贈賞者の発表会が催されたのです。
皆さんもご存知のように、佐野手店の永島裕子さんが、最終選考にノミネートされました。
そして、この贈賞式には、裕子さんのご主人さんを始めとして、働く仲間17人が集まってくれました。
本当に感動でした!!
そしてなんと、永島裕子さんは、優秀賞を受賞したのです!
皆で記念写真です!!
b0191775_21441875.jpg


この新春セミナーは、日創研で学び合う仲間の年に一度の集いでもあります。
これは、10年前に私が一緒に受講したTTコースの仲間たちです。
230名中、16名しか集まりませんでしたが、楽しい同窓会でした。
皆、あの時それぞれの夢を描いて、そしてチャレンジをして来ました。
その中の最たる方は、一部上場を果たしたアイケイケイの金子社長です。
私の左にいる方です。
b0191775_2136223.jpg


さらに、2日目の今日は、沢山の学びを得て、田名網君と二人で帰路に着きました。

皆さん、本当にありがとうございました!!
by tamurasyasinkan | 2013-01-23 21:28

社長通信第470号 2013.1.1 謹賀新年

皆さん、明けましておめでとうございます。

どんなお正月をお過ごしでしょうか?

思い返せば、昨年も沢山の変化がありました。
社内勉強会の改善、様々なチャリティー事業の実施、新経営ビジョンの決定、一日バス旅行の実施、
電子アルバムの販売、全撮影データの販売、クリスマスコンサート、などなど。
常に会社は生き物のように、変化し成長をしています。

そして今年もまた、それ以上に多くの変化が起こることでしょう。
いえ、変化を続けなければ、時代に取り残されてしまうという危機感を持たねばなりません。

私たちは、常に世の中のトレンドに目を見張り、鋭いアンテナを張って、それに呼応する新しいチャレンジをして行かなければならないのです。

さらに私たちは、常に原点に帰ることも忘れてはなりません。

原点とは、「経営理念」です。
商品、サービス、技術、人材の育成、それらを常に経営理念に照合し、正しい事をしているかどうか?という自問自答を繰り返しながら、前に進むのです。

以下は、元旦の朝に、私から経営幹部の皆様にお送りしたメールです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 経営幹部の皆様、明けましておめでとうございます!

 本年のテーマ
  「明日への希望と挑戦」

  田村写真館の未来永続のために、
  経営理念の御旗のもと、原点に帰り、
  すべてを見直して、経営改革というテーマに
  希望を持って挑戦して参ります。
  皆様のお力をお貸しください。
  本年もどうぞ宜しくお願い致します!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

経営は良い時ばかりではありません。
山あり谷ありなのです。
春が来れば、また冬も来るのです。

しかしながら、冬の到来というのは、できれば避けたいものです。
避けるためには、冬の兆しが見えた時に、本当に冬にならないように、手を打つことが必要です。

今年のテーマには、その思いが込められています。

そういう意味で、今年は年初から様々な改革を行なって参ります。
一人一人の仕事、一つ一つのサービス、一つ一つの技術、
そして、商品、システム、内部コミュニケーション、人財育成、などなど。

きめ細かい分析と、改善を思考し、冬の時代への突入を防ぎます。

戦略的な投資も、考えています。
恐らく今年は、二つの大規模な戦略的投資が行われるでしょう。

勿論、それらはすべて、この会社に従事する全スタッフの幸せという事が大前提にあるものです。
この会社が好きな人、この会社を信じる人、この会社のために喜んで犠牲を払える人。
私は、そういう人たちを守り、そういう人たちのご家族を幸せにするという使命感を持っています。

しかしながら、そうでない人もいるかも知れません。
残念ながら、そういう一部の人には、このバスから降りていただく、そういう決断をしなければならないことも、十分あり得ます。
なぜならば、同じ目的地に向かうバスに、別の目的地を望む人は乗せられないからです。

いずれにしても、この1年は、
希望の年であり、挑戦の年になるでしょう。

この希望と挑戦に、本気で取り組み、変革の年となるよう、皆様のお力をお貸しください。

頑張りましょう。

以上をもって、2013年年頭のあいさつと致します。
本年もどうぞ宜しくお願いします!
by tamurasyasinkan | 2013-01-04 10:33