会長通信


by tamurasyasinkan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

以前の記事

2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

リンク

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2014年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

社長通信第489号 2014.5.24 両陛下が足尾に

天皇皇后両陛下は、一昨日の22日に足尾を訪れて私達の植樹をしている松木渓谷も視察をされました。
以下のアドレスはNHKのニュースです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140522/k10014646661000.html

以下は下野新聞のニュースの全文です。

 「こんなに緑が戻ったのですね」-。
1泊2日の日程で本県を訪れた天皇、皇后両陛下は22日午前、森林再生が進む日光市足尾町の松木渓谷周辺を視察し、感嘆の声をあげられた。
天皇陛下は足尾銅山の煙害で荒廃した山々を目にしたことがあり、足尾の植樹活動に関心を寄せていたという。新緑に包まれた山々を目の当たりにして、「足尾の復興」を実感した様子だった。
 両陛下は午前10時40分ごろ、同町の足尾環境学習センターに到着。ボランティアで植樹活動を展開するNPO法人「足尾に緑を育てる会」の鈴木聡会長らから、銅山の歴史や植樹活動についての説明を受けた。
 ピーク時は国内の銅生産の4割を占め、日本の近代化を支えた足尾銅山。銅の精錬過程で排出される亜硫酸ガスの影響で、周囲は「はげ山」になった。
 鈴木会長らが模型やパネルなどの展示を紹介しながら「足尾銅山は光と影の二面性を持っていた」と伝えると、天皇陛下は「うん、うん」とうなずいた。
 その後、施設の外を散策し、植樹活動が続く山々を見学した。1996年にスタートした同会の活動には、県内外からボランティア延べ1万6千人が参 加。
これまでに約7万2千本の苗木を植えている。
皇后さまは「あんなに(標高が)高いところまで登るのは大変ですね」と気づかい、「大変でしょうが、(活 動を後世に)つないでいってください」とほほ笑んだ。

皆さん、いかがでしょうか?私は、感慨無量でした。
皆さん一人一人が、本当に苦労をして進んでボランティアをしていただけたことが、このように両陛下からねぎらいの言葉をいただけることは、本当に夢のようです。
17日の植樹の日に、NPO法人の会長さんが、「来週両陛下が見学に来られるから、田村写真館のことをお話しておきますよ」と言っていましたが、冗談だとは思いますが、もしかしたらあの時の集合写真を陛下にお見せしたかも知れませんね(笑)
皆さん、こんな素晴らしいことを行なっている、皆さん自身を、世の中のために役に立つ、正しいことをしていると、胸を張って堂々と、大きな誇りとして心に刻んでいただきたいと思います。
そして残念ながら植樹に参加されなかった人も含めて、いつの日か100万本の植樹が達成できることを夢に見て、全従業員で参加できるような、田村写真館が、世の中に良い連鎖を起こす源になるよう、さらに頑張って参りましょう。
皆さん、植樹の活動は、18年で延べ1万6千人が参加し7万2千本が植えられました。
もしもこの先10年で、20万人が参加すれば、100万本の植樹は楽に達成します。
私たちのやっている活動は、ただ単に300本の植樹をしているのではないのです。
そこには、私たちのしている姿を見て、私も、うちの会社もやろう!そういう人がどんどん増えるような、啓蒙活動をしていると言っても過言ではないのです。
そういう、善意の輪が、どんどん膨らんで行ったら、本当に歯を食いしばって今迄やって来たことも、素晴らしい価値となるのです。

1年の中のたった1日だけです。来年も共に汗を掻きましょう!
by tamurasyasinkan | 2014-05-24 07:06

社長通信第488号 2014.5.15 4年目の植樹!

5月13日は、恒例の足尾の植樹ボランティアでした!!

ご参加いただいた36名の皆さん、大変お疲れさまでした!!

この植樹も、今年で4回目になりましたね。
もう足尾に緑を植える会のボランティアの皆さんの中でも、田村写真館は、有名になっているようですよ。
嬉しい事ですね!

今回は、午前中は雨という天気予報だったのですが、
神様が味方してくれました!
足尾に着いた頃は、雲間から青空が見え、太陽も顔を出す良い天気になりましたね!
本当に良かったです。
b0191775_18252755.jpg

b0191775_18254675.jpg

なんと皆さんのお陰で、300本の植樹が1時間足らずで終了してしましました!
凄いですね!

また、この事業は、ご成人のレンタルまたは販売のお客様について、一人に付1本を植樹する。
つまり、二十歳になった記念に、社会貢献をしよう!という目的で行われているのですから、
それはそれは、素晴らしい意義があるのですね!
また、300本という数字も過去最高でした!
ということは、過去最高の成果!ということなのですね。
本当に嬉しく思います。

植樹が完了して、全員で恒例の記念写真です!
b0191775_18394570.jpg

私の夢は、いつの日にか、全従業員が一人も欠けることなく、この植樹に100%の参加率で実施されることです。
この夢が叶った時には、もう死んでも本望です。
逆を言えば、その夢を果たすまでは、死ねないということです。

でも必ず、達成しますよ。見ていてくださいね!!
by tamurasyasinkan | 2014-05-15 18:23

社長通信第487号 2014.5.11 日創研全国大会

2日間、日創研経営研究会全国大会IN千葉に、
副社長と田名網専務と三人で参加させていただきました。
まずはお忙しい所、お時間をいただいたことに感謝申し上げます。

さて、今回は分科会も含めて4名の講演と朝礼大会、懇親会が
主なメニューでしたが、これらの中で一つだけ、一番勉強になったことを
お伝えさせていただきます。
b0191775_9204838.jpg


それはTDLの日本への誘致と創業、その後の運営にリーダーとして携わった
上澤昇氏の講演です。
上澤氏は、DLの創始者であるウオルトディズニー氏の、
創業の精神が、現在も脈々と受け継がれ、そしてさらに進化し続けている
ことを、お話しくださいました。

・本物をつくって儲けを急ぐな
・常に長期的な視野に立って判断する
・非日常の空間を大切に、そのためのコストは徹底して惜しまない
・ディズニーランドのショーは毎日が初演
・ライバルは同業他社ではなくリピートのお客様
・マニュアルではなくスタッフ一人一人の生きたサービス

要約すると以上のようなことですが、
皆さん、これらはすべて、天使の森で当てはまるものではないでしょうか?

TDLは、創業31年になりますが、上記のことを一貫して遂行しているのです。
つまり、謎?とも言えることは、
同じ設備、同じサービスをするだけで、なぜ31年間リピートさせることができるのか?
ということです。
天使の森は、小山14年、宇都宮9年、佐野5年になりますが、
考えて見ると、同じような謎?がないでしょうか。

上澤氏の講演を聴いていて、私はずっとその事を考えていました。
つまり、天使の森はなぜ負けないか?
なぜ、顧客が離れず、ずっと支持していただいているのか?
なぜ、どの店も地域一番店になっているのか?

これはとても不思議なことですし、
TDLが31年ずっと伸び続けていることも不思議なことです。
両者の共通点は、何だと思いますか?

私はその共通点こそが、最初に挙げた6つの項目ではないか?と思います。

しかしながら、天使の森では、この6つの項目が、
まだまだ、まだまだ、十分ではありません。
まだまだ、まだまだ、進化の努力が必要な所がありますね。

ウオルトディズニーの顧客ターゲットは「家族」だそうです。
天使の森も同じですね。
今期の社長方針の、「選択と集中」の実行に当たり、
具体的にどうしたら良いのか?皆さん戸惑いもあろうかと思いますが、
つまりは、上記の6つのことを徹底して行なうことなのです。

そうなると、霧が晴れたように、何をしたら良いのか明確になりますね。

私自身、上澤氏の講演を聴いて、頭の中がスッキリとしました。
今回の全国大会の参加は、そういう意味からして、とても深い意義があったと
心から思っています。
by tamurasyasinkan | 2014-05-10 09:04