会長通信


by tamurasyasinkan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

以前の記事

2014年 09月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月

リンク

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

社長通信第487号 2014.5.11 日創研全国大会

2日間、日創研経営研究会全国大会IN千葉に、
副社長と田名網専務と三人で参加させていただきました。
まずはお忙しい所、お時間をいただいたことに感謝申し上げます。

さて、今回は分科会も含めて4名の講演と朝礼大会、懇親会が
主なメニューでしたが、これらの中で一つだけ、一番勉強になったことを
お伝えさせていただきます。
b0191775_9204838.jpg


それはTDLの日本への誘致と創業、その後の運営にリーダーとして携わった
上澤昇氏の講演です。
上澤氏は、DLの創始者であるウオルトディズニー氏の、
創業の精神が、現在も脈々と受け継がれ、そしてさらに進化し続けている
ことを、お話しくださいました。

・本物をつくって儲けを急ぐな
・常に長期的な視野に立って判断する
・非日常の空間を大切に、そのためのコストは徹底して惜しまない
・ディズニーランドのショーは毎日が初演
・ライバルは同業他社ではなくリピートのお客様
・マニュアルではなくスタッフ一人一人の生きたサービス

要約すると以上のようなことですが、
皆さん、これらはすべて、天使の森で当てはまるものではないでしょうか?

TDLは、創業31年になりますが、上記のことを一貫して遂行しているのです。
つまり、謎?とも言えることは、
同じ設備、同じサービスをするだけで、なぜ31年間リピートさせることができるのか?
ということです。
天使の森は、小山14年、宇都宮9年、佐野5年になりますが、
考えて見ると、同じような謎?がないでしょうか。

上澤氏の講演を聴いていて、私はずっとその事を考えていました。
つまり、天使の森はなぜ負けないか?
なぜ、顧客が離れず、ずっと支持していただいているのか?
なぜ、どの店も地域一番店になっているのか?

これはとても不思議なことですし、
TDLが31年ずっと伸び続けていることも不思議なことです。
両者の共通点は、何だと思いますか?

私はその共通点こそが、最初に挙げた6つの項目ではないか?と思います。

しかしながら、天使の森では、この6つの項目が、
まだまだ、まだまだ、十分ではありません。
まだまだ、まだまだ、進化の努力が必要な所がありますね。

ウオルトディズニーの顧客ターゲットは「家族」だそうです。
天使の森も同じですね。
今期の社長方針の、「選択と集中」の実行に当たり、
具体的にどうしたら良いのか?皆さん戸惑いもあろうかと思いますが、
つまりは、上記の6つのことを徹底して行なうことなのです。

そうなると、霧が晴れたように、何をしたら良いのか明確になりますね。

私自身、上澤氏の講演を聴いて、頭の中がスッキリとしました。
今回の全国大会の参加は、そういう意味からして、とても深い意義があったと
心から思っています。
# by tamurasyasinkan | 2014-05-10 09:04

社長通信第486号 2014.4.13 ウオーキングコース

ウオーキングを真剣にやるようになってから、気が付いたらすでに9か月になります。
今ではやっと習慣化したようです。
ウオーキングが出来ない日は、何となく心の中に「やり残し感」が生まれるようになりました。

さて皆さん、私のウオーキングコースには、いくつかありますが、今日はその中でも、ダントツに行く回数の多いコースを、写真でご紹介しましょう。

これはまず、私の住んでいる田村写真館の外販事業部です。
私たち夫婦は、この2階に住んでいます。
ここからスタートです!!
b0191775_13444027.jpg

家の前の路地を左に進むと、すぐに細い通りに出ます。
この通りを左に曲がります。
b0191775_13473725.jpg

この通りも、車は少なく、閑静なところです。
朝夕は小学生の通学路になっています。
遠くに見える突き当りの細い路地を進みます。
b0191775_13522373.jpg

路地を百メートルほど進みます。
町のメインストリートが見えて来ました。
あの通りを横切り、さらに前方に進みます。
b0191775_13551317.jpg

またこんな通りを進みます。
車はほとんど通らないので、安心して歩けます。
b0191775_15141456.jpg

しばらくすると、国道293号線が見えて来ます。
この通りは流石に交通量が多く、押しボタン信号を赤にして横断します。
このコースで、信号を使うのは、ここ1回だけになります。(往復2回)
自宅からここまでが、約8分くらいです。
b0191775_15163383.jpg

国道を横断し、また静かな通りをしばらく歩きますと、5分ほどで新しくできた道路が見えて来ます。
区画整理によって最近できた道路ですが、あそこを右に曲がります。
b0191775_15193094.jpg

新しくできた道路は、このように歩道が広く取ってあって、安全で歩きやすいのです。
しかし、車もあまり通っていないので、こんな道を作って、税金の無駄遣いだなあと思っています。
b0191775_15272143.jpg

しばらくすると、左手に公園があります。
この公園も新しくできたものですが、利用する人もあまりいないのです。
左側に公衆トイレがありますが、おなかの調子が悪い時は、ここをお借りします。
b0191775_1525412.jpg

公園を抜けると、立派なお寺が見えて来ます。
ここは本光寺と言って、曹洞宗のお寺でとても広大な敷地に建っています。
b0191775_15304941.jpg

お寺の山門をくぐり抜けます。
b0191775_15315437.jpg

境内の手前で、右に折れて、田舎道を進みます。
右手には、高さ10メートルくらいの真っ白な観音様の立像があります。
奥の突き当りを左に曲がります。
b0191775_1532583.jpg

この道は、車1台やっと通れるくらいの狭い道です。
木々がうっそうとしていて、夏は涼しさが感じられる所です。
ちょっと行ってまた右に曲がります。
b0191775_15392075.jpg

また少しして、あの梅の木の所を、左に曲がります。
b0191775_1540465.jpg

また少しすると、右手に町工場が見えて来ます。
この工場には中国人の労働者が沢山働いていて、時々挨拶します。
b0191775_1543884.jpg

工場を通り過ぎると、すぐ左手にお地蔵さんがおります。
ここは、密蔵院という真言宗のお寺の入口になっています。
ここも立派なお寺ですが、ウオーキングでは立ち寄りません。
b0191775_15454851.jpg

お寺の入口を右に曲がり、ちょっと行くとT字路があります。
あのT字路を左に曲がると、よくFacebookで紹介している農道に入ります。
ここまでが、自宅から25分です。
b0191775_1548042.jpg

ここが、あののどかな農道の始まりの景色です。
b0191775_1550488.jpg

この農道は、約5百メートルくらいありますが、ここの景色は四季折々美しく変化をしますので、歩いているだけでとても心豊かになります。
5月には、一斉に左右一面が、水田になります。
夏は蛙の声、秋は稲刈りと変化して行きます。
今は、菜の花、タンポポ、ぺんぺん草などの雑草が、お日様の光を体いっぱいに浴びでいます。
b0191775_15555375.jpg

農道の終着は、あの突き当りにある灌漑用の溜池です。
b0191775_1613629.jpg

ここは「えんのため」という池で、周囲約250メートルです。
この池の表情も四季折々美しく変化します。
では、池を一周してみましょう。
b0191775_1634323.jpg

b0191775_1642248.jpg

b0191775_1645755.jpg

いかがだったでしょうか?中々、綺麗な所でしょう?
池を一周したら、また再び来た道を帰ります。
行きと帰りでは、もちろん景色の表情も変わるのですよ。
帰りの農道は、逆光になるので、道端の草花もまた違った美しさがあります。
遠くに霞んで見える山々は、県立自然公園でもある唐沢山です。
b0191775_1653926.jpg

このウオーキングコースは、往復で約6キロ、1時間15分の道のりです。
だんだん暑くなると、早朝のウオーキングに変わります。

さて、私が生まれ育んだ、この郷土。
文明の発達により、建物や道路は変化しましたが、でも昔からほとんど変わっていない自然の景色も沢山残されています。
私は、ウオーキングが最初はあまり好きではありませんでした。
道端の草を見ても、何も感じませんでした。
でも、これを毎日毎日続けていると、だんだんと今まで見えなかったものが見えて来たりするんですね。
これはとても不思議だと思いました。
これこそが、ウオーキングの楽しさかも知れません。

ウオーキングは体力を維持するためだけでなく、心にも優しいことなんだと、最近は思って楽しんでいます。
皆さんも、ぜひ、ウオーキングおすすめですよ!!

木々の新芽もこんなに美しいんです。うぐいすも競演していますよ。
b0191775_16173184.jpg

# by tamurasyasinkan | 2014-04-13 13:49

社長通信第485号 2014.4.10 固定観念の打破

自分探しは、しなくてもいい。
ほんとうの自分とは、今日これからつくられていく自分なのですから。

現在の自分をつかむためには、与えられた現実に対して抱く疑問や異和感を通してしかありません。
「何がしたいかわからない」というときは、自分自身が自分を抑圧して、自分が出せないという状態です。
現実は、他人によって作られた社会です。
ものごころついたときから、その社会に何の疑問も感じないということは、
その人間には、自分らしさがない、個性がないということです。
まったく不満も疑問も感じないときは、まだ個性が磨きだされていないか、
学校教育において感性が抑圧され、既成の固定観念、知識だけを与えられ、
保守的な精神性に馴らされてしまっているからです。

自分が出てくるようになれば現実のいろいろなところに疑問や納得できないことが感じられてきます。
その感覚が、「現実の自分」です。
この現実に対して「ちょっとおかしい」という疑問や異和感を感じることが大切なのです。
これが固定観念を打破するキッカケなのです。

ほんとうの自分は、理性ではつかめません。
感性の実感という理屈を超えた方法でしか自分をつかめません。

異和感を感じるところに、自分の使命があるのです。

自分探しは、する必要はありません。
ほんとうの自分とは、今日これからつくられていく自分なのですから。

※異和感とは・・・感性論哲学独自の用語。辞書では、「違和感」。
異和感とは、違うのではなく、異なるだけ。違いは、対立を生む。

『芳村思風 風のことば集』より
最後まで読んでいただきありがとうございます。
※写真は本日の散歩コース、溜池の桜と菜の花です。
b0191775_16451340.jpg

# by tamurasyasinkan | 2014-04-10 16:44

社長通信第484号 2014.4.6 恋と愛

「恋愛」という言葉から、恋と愛は同じ次元と考えられてきました。
愛と恋は、次元の違うものです。比べるものでもありません。

「愛」とは努力すること。
結婚して、長く一緒にいると「結婚する前と、この人は全然ちがう」
「変わった」「こんなはずじゃなかった」という場面が何度も出てくるようになる。

結婚するまでは、見えなかったこともある。
こんな人だと勝手に考えていたこともある。
そのギャップに気づいただけのこと。
相手も変わっているかもしれないが、自分も変わっている。

「恋」は、離れているから生じるもの。
離れているから、近づきたい、一緒にいたいという気持ちが湧いてくる。
「恋」している時には、アバタがエクボに見える。
結婚すると、アバタはアバタとして見えてくる。長く一緒にいると長所が見えなくなって、 短所や欠点がクローズアップされてしまう。

自分の欠点や短所は見えづらい。自分にも短所欠点があると自覚しなければ、 他人の欠点短所が許せない。
人間は皆不完全です。

だから「愛」とは許すことからはじまる。
恋の病は、結婚すれば完治する。
多くの人は結婚して数年、いや数ヶ月ですでに“選ぶ相手を間違えた”と後悔する。
生活を共にし始めたらすぐ正気に戻るから。
アバタはもうエクボには見えなくなる。

結婚したら孤独でなくなる、淋しさが癒される、幸せになれるなんて、勘違いだと気づく。

夫婦関係はまさに人生最大の“行”。これほど人を成長させる人間修行はない。愛を感情や情熱だと思っているために、夫婦や恋人たちは長く一緒にいると、愛が冷めた、もう愛がないから別れましょうという話になってくる。

価値観、性格が合わないという理由で簡単に別れる。独占欲や所有欲、執着や嫉妬は、愛ではない。

人間は不完全だから誰かを愛したら嫉妬も感じる。
嫉妬によって関係性を破壊してしまうような行為に出るのは真実の愛から出たものではない。

自分では愛だと思っている自己中心的な感情であり欲望であり執着。
相手が自分の欲求や要求を満たしてくれなかったら消えてしまうような愛は、とても幼い、未熟な愛です。

恋は、正しい理性が働かなるために修羅場を作るが、 愛は正しい理性と一緒になることで育くまれていくものです。

真実の愛には、待つ時間、耐える時間、許す力、信じる力、愛し抜く力、責任といった意志の力や判断力・決断力、忍耐力、努力が不可欠なのです。

恋は自然、愛は芸術。
愛は文化なのです。

『芳村思風 風のことば集』より
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
# by tamurasyasinkan | 2014-04-06 14:59

社長通信第483号 2014.3.5 茨城へリベンジ旅行

3月3日~4日の2日間、茨城に1泊旅行に行きました。

これは実は、12月初旬に群馬に1泊旅行に行ったのですが、そのリベンジです(笑)
何がリベンジかと言うと、その理由は二つあります。
まず一つ目は、12月の時は、一緒に行くはずだった一人が、日程の連絡不徹底で行けなくなってしまったこと。そして二つ目は、私が一日目に体調不良になり、二日目には家内が体調不良になり、早めに帰って来て、大変しらけてしまったということです。
そんな訳で、そのリベンジで、今度は茨城方面へと企画しました。

この5人のメンバーの旅行は、毎年計画されていて、これで4回目になります。
今回は、真壁のひなまつり、茨城の海とあんこう鍋、水戸の偕楽園、この三つがテーマです。

まずは、真壁の町ですが、着いたのは10時ちょっと過ぎでした。
3月3日は、ひなまつり最終日です。
この真壁のひな祭りは、12年前から、「町おこし」の事業として、始まったものです。
町中の様々な店舗や一般の家も含めて、200軒近くの店の中や玄関先に、お雛様が飾られるのです。
b0191775_1742862.jpg

そして、あちらこちらで、昔懐かしい食べ物が売られており、これもまた楽しいです。
今回も結構、食べ歩きをしました。
まずは、宮本精肉店の昔ながらのコロッケ、1枚50円。
b0191775_174511.jpg

続いては、田中商店の焼きそば。
b0191775_17465042.jpg

お次は、和服を着た陽気なおばちゃんがやっている、すいとんのキクちゃん。
b0191775_17534078.jpg

そしてこれはレトロな郵便局。
b0191775_17542853.jpg

そしてこんな楽しいお雛様もありました。
b0191775_1757449.jpg

重要文化財になるようなおひな様も沢山飾ってあり、中には400年も前のものまでありました。
また、街並みも、本当に古くて重厚な建物が多く、特に古い土蔵があちこちにあって、それを見ているだけでも飽きずに歩けます。
b0191775_1861491.jpg

ここにすべての写真を載せられなくて残念です。
ということで、なんと気がついたら5時間が経っていました。
一路、大洗海岸に向かって車を走らせます。

海のすぐそばの大洗ホテルに着いたのは、午後4時半でした。
まずは、海岸を散歩しました。
b0191775_1851781.jpg

さらにホテルのロビーでは、あんこうの吊るし切り解体ショーが。
ちょっと残酷でしたが・・・。
b0191775_188728.jpg

そして、お風呂に入って、夕食はあんこう鍋もありました。
さっき解体されたあんこう?なのでしょうね(笑)
b0191775_1819127.jpg


一夜明けて、午前6時6分、ホテルの部屋からは、素晴らしい日の出を拝むことができました!
b0191775_18191620.jpg

そして2日目に目指すは、水戸の梅の名所、偕楽園です。
まだ三分咲きということでしたが、中にはこのように見事に咲いている木もありましたよ。
b0191775_18223192.jpg

ボランティアのガイドさんが、ていねいな案内をしてくれて、約1時間ちょっと散策しました。
b0191775_1824345.jpg

見ごろは、あと10日後くらいだと思いますので、皆さんもぜひどうぞ。

という訳で、見事12月のリベンジは大成功し、楽しい1泊旅行となりました。
# by tamurasyasinkan | 2014-03-05 17:42